法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律を知っているとご近所付き合いもスムーズ

PAGETITLE
ご近所付き合いにも、細かい法律があります。たとえば、これは民法なのですが、隣の家の庭木の枝が伸びて自分の庭に入ってしまったとき、これは勝手に切ってはいけません。ただ、切って下さいと請求することはできます。でも勝手に切ると違法になるのです。しかし、根っこが伸びて自分の庭に入ってきたときは、これは勝手に切ってもよいのです。ただ、ご近所付き合いの場合には根っこが侵入したときでも一応一声かけて、合意のもとで剪定した方が良いかもしれません。お互いがルールとマナーを知っていれば、うっかり庭木が伸びたとしてもしっかりとお互いに確認をとることができます。よけいなトラブルを招かなくても済むのです。

さらに、隣の庭木が伸びて自宅の庭に侵入し、そこに実がなった場合、それは取ってはいけません。果実は木の所有者のものになります。こういう点も、ご近所で「おたくの木から実が落ちそうだよ。落ちて傷んだらもったいないから、収穫したほうがいいわよ」などと一声かければ、「うちの木がそんなに伸びていたの?ごめんなさい。おわびにお裾分けをどうぞ」などと楽しいやりとりにも発展するかもしれません。ルールとマナー、それから少しの柔軟さで、トラブルなく過ごしたいです。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.