法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律について考えてみました

PAGETITLE
正直な所私は全く法律には詳しくないし、日常生活の中では特に何か問題が発生しない限り法について考えたり気にしたりすることは少ないと思いますし、多くの人がさほど気にせず生活しているものと思われます。そんな私でも知っているのが「刑法39条」です。これは私が心理学を学んでいた時に授業で触れたからというのもありますし、またドラマや小説などに使用されこのテーマで描かれた作品というのは少なくありません。簡単に説明すると精神障害を持っている人が殺人を起こしても罪に問われないケースがあるのです。

勿論この場合は犯人の主張だけではなく、実際に病院に通っていたかとか、精神科のお医者さんが実際にいろいろ診察をして心神喪失もしくは心神耗弱の状態で重大な他害行為を行った者に対して罪を問わないと判断するのです。しかしこの刑法39条はあまりに有名になりすぎて、詐病を装う確信犯も出ていているし、被害者が側もそれでは納得しないといろいろ問題が多いケースだと言えます。精神を煩っているのなら刑務所ではなく精神病院に入院するのが妥当という考え方も出来ますが、その判断はとても難しいものです。一つの例をとっただけでも賛成意見、反対意見のどちらも上がるのが法の限界であり、ケースバイケースといった所でやはりないと困るものです。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.