法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律相談へ行く時は内容を的確に伝える

PAGETITLE
法律相談をする時は、なるべく的確に内容を伝えた方が、より良いアドバイスを受けられると聞いたことがあります。法律相談に行くような時は、大抵何かトラブルを抱えています。そのため、ついグチっぽくなってしまったり相手の批判ばかりをしてしまう可能性があります。しかし、法律事務所への相談は有料が基本です。お金を無駄にしないためにも、聞きたいことは事前に決めておくのがベストです。トラブル相手のことをあれこれ言いたくなっても、まずは事実関係を的確に伝えることを優先した方が良いです。その方が、法律事務所側からのアドバイスも的確になります。

相談内容を伝える時は、訴訟を起こすつもりがあるのかないのかで、アドバイスが変わると言います。まずはどちらの線でいくのかを、はっきりさせておくと良さそうです。短時間で具体的に伝えるために、関係資料も持って行くと良いようです。相続などのトラブルなら、家系図や家族関係が一目で分かる図があると、弁護士にもすぐ理解してもらえます。まだ相談の段階ではあっても、資料を使って具体的に説明した方が良いです。弁護士側も忙しい人が多いので、短時間で的確な内容を説明される方が良いようです。良いアドバイスをもらうためにも、法律事務所へ行く前に説明の準備をするのがおすすめです。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.