法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

土地の売買で先に契約をした時の法律相談

PAGETITLE
不動産の取引をする時、不動産会社を経由すれば手数料がかかります。これが結構大きな金額になります。それならそれを節約しようと直接契約をしようと考えることがあります。不動産取引について知識のある人であればいいのですが、知識がない場合はあまり勧められることではありません。だからこそ不動産会社があり、高い仲介手数料をとってまでやっていく事ができるのです。でも手数料を浮かせるのだからとそのことには気づかないのです。

ある人は土地を直接購入する契約を結び代金を支払いました。そして住宅を建てようとしたところすでに建設が始まっていました。聞いてみると別の人が依頼主とのことです。その業者に登記を確認して下さいと言われて初めて気が付きました。土地は登記が重要になることです。本来なら契約をした時に移転登記をしてもらわなければならなかったのをしてもらいませんでした。この場合、土地の所有者であったり支払った代金はどうなるかの法律相談です。

所有権に関しては登記をした順位になります。仮登記でもしていれば先にしていたほうが優先されますがそうでなければ変更されることはありません。代金の返金請求に関してはできますが、本人がいなければ難しくなります。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.