法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

大学合格時に支払う費用の返還請求に関わる法律

PAGETITLE
高校の受験では2校受験することが多いです。公立高校を目指す人は滑り止めとして私立高校を受験します。私立高校の方も専願か併願かを事前に問うていますから、その人が入学するか辞退する可能性があるかはわかっています。入学金やその他の費用の納付に関しては公立高校の合格を待ってからでも行えるようにしてくれています。しかし、大学受験になると全国のいろいろな大学が自由に設定をしています。その分受験生も多くの学校の受験ができます。

受験の日程において、第一志望の大学より第二志望の大学が先に受験となっていました。第二志望の大学に合格できたものの、入学手続きを第一志望の大学の合格発表前までに行わないといけないとありました一旦支払われたお金は返金できないとも記載されていました。無事第一志望の大学に合格したものの、第二志望の大学に支払ったお金が無駄になってしまいました。返還請求をすることが出来るかどうかの法律相談です。

まず、通っていれば受ける部分に関する費用については返還すべきとの見解があります。授業料や施設利用料などです。一方で入学金に関しては明確には決められて無く、学校によって対応は異なります。低くはない金額ですが、納得して支払っているとも見られます。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.