法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律系資格として人気のある行政書士の仕事内容と今後

PAGETITLE
法律系の資格の中で人気があるものといえば「行政書士」です。この行政書士の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。行政書士とは、個人や会社からの依頼を受けて、官公署に提出する書類の作成・申請を代行するのが主な仕事です。その書類や手続きとは、会社設立時の書類作成や、契約書作成、飲食店営業許可手続き、旅行業の登録などです。資格を取得するのに制限はなく、誰でも受験できます。司法書士や社会保険労務士の有資格者が、仕事の幅を広げるために資格を取得するケースもあります。書類を作成することが多いのでデスクワーク中心と思われがちですが、顧客との打ち合わせ、書類の提出などで外回りをすることもよくあります。資格の取得後は行政書士事務所に勤務して働く場合が多いですが、求人数はあまり多くないため、実務未経験のままで個人開業している人もいます。

しかし、年々、独立開業者の数が増えているため、料金の低価格化や独自の附帯サービスなどで生き残りをかけた厳しい競争が行われています。行政書士を取り巻く現状は、官公署に提出する書類の簡素化と手続きの電子化の進んでいることにより、仕事量が減少している傾向があるため、業務の中心が書類作成から一般の人が気軽に法律相談を受けられるコンサルタント業に移行しつつあるようです。このコンサルティングの分野で勝ち残っていくためには、専門領域を持ち、コミュニケーション能力と営業力に磨きをかけることが求められてくるでしょう。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.