法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

遺言がある場合の相続についての法律

PAGETITLE
遺言を書くとなると自分自身の将来のことが決まっているようでなかなか書こうと思えないことがあります。そんな状態ですからもちろん人から言われて書くようなこともありません。もし遺言がなければ相続はどうなるかですが、もちろんきちんと行われます。この場合は法定相続人対して、一定の配分率で行われるようになっています。若い夫婦の家族で夫が急死することがあります。さすがに遺言はありません。そんな時でも大丈夫のようになっています。

では遺言がある場合はどうなるかです。法律上は遺言が優先するとなっています。ただし、その遺言が所定の決まりに従って作成されているかが問題です。本人が自筆で書き、更に日付や印鑑などを押すことで効力を持つことになります。自宅にあってもいいのですが、公正証書として作成されているとより効力がますと言われています。法定相続人は2人いるのですが、遺言には一方にすべてを相続するとありました。本来なら2分の1ずつ分配されるはずのものです。

この場合には、遺留分が相続されることになります。法定相続人においては、仮に遺言で相続の対象となっていなくても、本来受けるはずの2分の1は受けられます。元々2分の1の権利があったのですからその2分の1の4分の1を受けられます。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.