法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律の専門家である司法書士の業務内容と将来性

PAGETITLE
司法書士は弁護士に比べて身近な法律家であるいわれますが、具体的にはどのような業務を行っているのでしょうか。司法書士の業務の中心となるのが、登記です。登記とは法務局が管理している不動産や法人の名義などの重要な財産が誰のものであるかという情報のことです。この登記を正しい法律知識によって正確に行うのが司法書士の大きな役割です。そして、テレビCMや広告などで盛んに宣伝されている消費者金融への過払い金返還請求業務を法廷で行う司法書士も増えてきています。

これは認定司法書士になることで簡易裁判所における訴訟の代理業務も行うことができるからです。本来、訴訟などの代理は弁護士の業務ですが、増え続ける訴訟問題の解決をすすめるために、司法書士にもその権限と役割を担ってもらいたいという国の意向によって拡大した業務範囲です。このように司法書士は資格取得や毎日の業務によって、特定分野においては弁護士に匹敵するほどの法律知識を備えているため、その知識を役立てて、さらに幅広い役割を担うことを期待されています。近年では、不動産登記に限らず成年後見や相続などの分野も活躍の場として広がってきています。将来的には、社会の要請によって、更にその業務範囲が広がることが出てくるかもしれません。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.