法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

争いにならないための法律

PAGETITLE
遺産相続は争いになることがあります。単なる言い争いで終わればいいのですが、当事者の話し合いで解決できずに裁判で争われることも珍しくないです。今回取り上げるのは、普通の相続人と結婚していない男女の子供である婚外子の相続分が違うことが争われたというものです。遺産の相続について相続人とそれ以外の子供の相続分の額が争われたことがあるのです。つまり、一方の親が同じ子供というわけです。法の下の平等ということで、差があるのは違法ではないかと争われたのです。合憲か違憲かが問題になりました。「法の下に平等」というのは、日本国憲法の14条に規定があります。憲法です。この法律は有名です。

基本的人権に対する配慮は当然行わなければなりません。婚外子規定は排除するとの法改正がありましたが、以前の法律を適用する裁判では適用を妥当とする判決が出ています。法定相続分は民法の900条で「子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする」と規定されています。このように時期によって、法律の解釈が変わることがあります。複雑なんですね。でも法律は我々の生活に重要なものですから、いろいろ知っておくべきです。知らないと争いに巻き込まれることになるかもしれません。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.