法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

副業する場合の、法律(税法)上の扱いについて

PAGETITLE
会社員等で副業をしている人はよくいるそうです。また、この副業についてですが、法律的には問題無いとされているそうです。ただ、会社で定められている就業規則(会社に雇用されているのが、常時十人以上の場合に作成が義務付けられているもの)等に抵触することがあるそうです。それは、副業等をして業務に支障が出ることがあるためです。副業をしている場合、税法上は所得を得ていることになります。副業をする理由としては、今以上に収入アップしたいからというのが主なものとなっているそうです。また、副業をした場合、税法上、注意しなければならないことが多いそうです。

副業をしている人の税法上の法律問題について論じたいと思います。副業といえど、会社に雇われている場合と自分で商売をしている場合とでは税法上は異なることになります。会社に雇われている場合、これは二カ所以上から給料を貰っていることになります。また、税法上は重税を課されることが多いそうであり、確定申告等で申請をしなければならなくなります。副業をしている場合で、それが自分で営業をしているときであれば収入額が税額となることはありません。事業所得ないし雑所得は、収入から経費を差し引いた額となっているため、税法上の負担をしなくても良いことがあります。

副業している人は確定申告をしなければなりません。ただ、事業ないし雑所得の場合、課税所得が発生しない限りは事業もしくは雑所得の所得税を納付する必要は一切ありません。経費になるものは領収証を必ず保管しなくてはなりませんし、確定申告後であっても一定期間は保管する必要があります。副業も給与所得である場合、経費という概念はあまり聞かないです。税負担については、重くなることになります。また、確定申告して収入額が20万円以上であると申告の対象となります。給与所得の場合、所得控除額が定められていることになり、控除額を差し引いた額から更に基礎控除、社会保険控除の額を差し引いた額で税額を計算していくことになります。また、経費については非常に限定的とされており、税法上は事業所得の方が優位とされており、副業をしている人の多くが事業所得の対象となる仕事をしていることが多いそうです。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.