法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

法律との出会いについて

PAGETITLE
私の法律との出会いについて、書いています。大学時代に、興味を持って勉強をするようになりました。私は、経済学部だったので、会社法や民法を学んでいました。主に、経済系と関係あることを中心に学んでいたので、刑法などには、疎いです。私が、法律を学んで感じたことは、知らないと損すると思いました。損すると思うのは、私だけかもしれませんが、知らなければ、損すると私は感じたのです。民法は、特に、権利の上に眠れるものは、保護しないと言われるように、権利を主張しなければならないものであるので、勉強して良かったです。

自分の権利の主張の仕方も理解できましたし、法律を知ることは、何より自分を守ることでもあると感じました。法律を知らなければ、自分自信の守り方も分からなかったと思います。会社に入ってからも、会社法や民法は当然のごとく、知っておくべきでしたし、勉強が今でも役立っています。試験の時には、よく理解できなかったことも、会社にいると理解できてきて、法律の大切さを感じます。

生きている限り、何かしらの法律に権利は、制限されますが、その制限の中で、自由に生きられるということを学び、法律自体は、必要最小限の権利の制限であると感じています。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.