法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

共有物件を承諾なしにリフォームしようとした時の法律

PAGETITLE
住宅などの建物について共有資産になることはあります。良くあるのは夫婦の共同名義で住宅を建てる場合でしょう。そうすることでそれぞれで住宅ローンを利用できたりします。それぞれが減税を受けたり得なことがあります。一生共同で住めればいいのですが、互いの仲に亀裂が入った場合はややこしいことになりそうです。名義変更をしないといけなくなるでしょし、資産の分配であったり、住宅ローンの組み直しなどいろいろ問題が出てきそうです。

更にある共有物件としては兄弟で相続をするケースです。親の所有物を兄弟名義で相続する場合です。実際に利用しているのが誰かに関係なく、所有者の権利が強くなります。一方が住んでいてリフォームをしたいような場合、勝手に行うことが出来るか法律相談しました。と言いますのも一方に相談したのになかなかいい返事を紅のです。住んでいる側としてはもっと住みやすくしたいのですが、住んでいない方はお金をかけなくても住めると主張してきます。

この場合においては、あくまでも所有者の意見が優先します。共有している場合は両者の意見が一致しなければいけません。一方が反対している場合には勝手にリフォームをしたりすることができないのです。説得するしかありません。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.