法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

子供が購入した宝くじの利用についての法律相談

PAGETITLE
よくある話としてお年玉はどこに行ったがあります。子供の頃お年玉をもらいます。親から、親戚から、その他いろいろです。そしてたまった後親に預かっておくからと渡します。自分が親になってみると、親もそれぞれの家族の子供に渡しているのだからそれが返ってきたと考える事もできるのですが、子どもとしては一度もらったものですから納得出来ない部分もあります。とは言えそれほど大きな金額でもないので、言いくるめられてしまいます。

ギャンブルに関しては年齢制限があるものですが、その中でも宝くじについては特に年齢制限はされていません。あるときたまたま子供が買った宝くじで100万円が当選してしましました。300円や千円ならわかりますが、100万円となると家中が大騒ぎになります。本人は自分の物といっていますし、親は家のもの、つまりは親のもののように言っています。法律上は誰のものになるのでしょうか。

子供が購入して当てたのであれば子供のものになります。ではその子供が自由に使うことが出来るかとなるとそうではありません。未成年者は契約などをするときに親の同意が必要になります。一定金額の場合には親の同意が必要になるので、子供が勝手には使えません。貯金をするのがいいのでしょう。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.