法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

口約束でお金の貸し借りをした時の法律相談

PAGETITLE
各種の契約については基本的には口約束でも可能になっています。現実には重要な契約では後でトラブルに成ることを避けたいと考えます。契約書であったり、サインや捺印など所定の手続きを取ることが多いと思います。そうはいいながらよくあるものとしてはお金の貸し借りです。昼食代がないから千円貸してください、明日返します等色々することがあると思います。何気ない会話ですがこれでもしっかりと契約になっていることがあります。

きちんとした契約であれば、それに基づいた手続きを取ればいいことになります。いくら借りていつ返します、利息は何パーセントなどです。しかしこれが法律上無効になることがあります。これもよくあることかもしれませんが、いくら貸してください、気が向いたら返しますとやりとりがあります。残念ながらこれでは契約が成立しません。無効となってしまいます。気が向いたら返しますの部分が問題とされます。

気が向いたら返すとは債務者の意思のみにかかります。債権者としては待つしかない状態です。これではあ非常に不利になってしまうので、契約されたとしても無効とされます。無効な契約は成立していないので、いつでも返済を求めることができます。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.