法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

婚約指輪を渡そうとしてフラれた時の法律相談

PAGETITLE
テレビドラマなどでよくあるシーンです。中の良いカップルがいます。ドラマの中では紆余曲折があってなかなかうまく行きません。でも最後の最後で男性が女性にプロポーズをします。事前に購入しておいた婚約指輪を渡すのです。男性側としては受け取ってもらえるかどうか不安です。結婚してくださいの言葉に対して女性からはいとの返事を受けてこのドラマは終了します。ほとんどがハッピーエンドに終わるので、現実もこのようになると思うかもしれません。

ある人も同じように想いを寄せている女性に婚約指輪を渡そうとしました。お付き合いもして、結婚の話もそれなりにしていました。しかし彼女の返事はノーでした。今できないなどではなく、将来的にもできないとの辛い返事をもらうことになります。この時に法律上気になることが男性の頭に思い浮かびます。この婚約指輪をどうするかです。数十万円もするものですが、彼女の指に合わせたものです。誰もしていないからと返品できるのでしょうか。

通常一度購入したものの返品はできません。その商品に問題がある場合のみです。クーリングオフが頭に浮かぶかもしれませんが、これは訪問販売や街頭販売などに該当するもので、本人の意思でお店に言って買ったものには適用されません。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.