法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

不動産を贈与した場合の法律問題

PAGETITLE
親が持っている財産を子が引き継ぐ方法としては、相続であったり贈与があります。贈与の場合は、税金がかなりかかるとされます。そこで生前贈与と呼ばれるものもあります。贈与ではありながら、後で相続のように処理をすることが出来るものです。高齢の親が不動産を上手く活用できないとき、これによって子供が上手く使えるようになります。税金を出来るだけ払わないようにするのが大事になるでしょう。では贈与はどのようなときに成立するかです。

まず不動産ですから、登記が重要になると言われます。口で贈与をするといっただけで実際には移転登記の処理をしていない場合それが認められるかです。法律上は、相手方に意思を表示して、相手方が受諾をした時に効力が生ずるとあります。つまり口で言っただけで成立してしまいます。後はそれに従って手続きをしなければいけません。移転登記であったり、贈与税の支払いなども必要になってくると思われます。

贈与を受けた人に他に兄弟がいた場合、その人からすると納得出来ないでしょう。登記手続きはされていなくても、実際に住んでいる場合には贈与は成立したとみなされる事になります。取り消しはできず、どうしても行うなら逆に親に贈与しなければいけないかも知れません。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.