法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

安易に宅配物を預かった時に起こる法律問題

PAGETITLE
年末になるとあるのがお歳暮のやりとりです。日頃お世話になっている人に対して行うことがあります。何を贈るかに関してはそれぞれで決めるのですが、中には少し変わったものとしてなまものなどを贈ってくれる場合があります。今は冷凍技術がありますし、宅配業者も冷凍配送が可能になっています。あるときチャイムが鳴って出たところ宅配業者が荷物を持っています。うちに届いたのかとおもいきやお隣に届いたものを預かってほしいとのことでした。

冷凍されていたものですが、ものが大きくとても冷凍庫に入れられそうにありません。その日のうちに帰ってこられると思って受け、そのまま置いていました。ところがその日も次の日も帰って来られず、結局3日後になっていました。生ものだったためすっかり腐ってしまっていたようです。この商品の弁償をしないといけないかどうかの法律問題になります。

まず預かった時の状況です。宅配業者からの依頼を断ることもできたはずです。業者が強引にとなると業者にも責任を問えそうです。でも親切心から安易に受けてしまったのであれば、管理義務が生じることになります。一旦受けた場合は適切な方法でそれを管理する義務があるので、冷凍せずに置いていたのであれば責任を問われます。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.