法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

刑法という名の法律とは何か

PAGETITLE
新聞の社会面やテレビのニュースではいろいろな事がおきていることを知らされます。それらの事のほとんどは刑法が関係します。刑法には放火及び失火の罪(108条など)や住居侵入等(130条)の罪に対する記述があります。要するに、刑事に関する事を処罰するためにこの法律が制定されています。よく「刑法199条により」と言わないでしょうか。刑法の199条は殺人の量刑を規定しています。我々には関係ないと言われるでしょう、たしかに殺人に関係のない方は知らなくてもいいです。でも我々は裁判員になるかもしれません。ですから、ある程度刑法の中身は知っておかなければなりません。裁判員制度が現在行われているわけですからね。

自決などをそそのかしたり、同意により人を殺したら罪です。そのようなことを「関与することや同意殺人」という犯罪です。刑法の202条にあります。ちなみに刑法は264条あります。人間はいろいろな罪を犯してきたのです。共犯については60条に定めてあります。「共同正犯」と呼ぶのですが、要するに、振り込めなどのだます者の受け子の仕事の報酬が高くても、手を染めてはいけないのです。企てた者と同じような罪になることが多いですから、責任は重いのです。このようにいろいろな法律があります。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.