法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

What's New
法律家になれば法律で困っている人たちを救えます

民事の法律に関する情報

PAGETITLE
最近では、夫婦の3組に1組が浮気をしているというデータがありますが、このような焦例はやはり実際に多いです。多くの夫婦が離婚に関するトラブルを抱えているようですが、その際によく問題となるのが慰謝料に関することです。どれだけの過失に対して、どの程度の慰謝料を支払う必要があるのか、ということがよく問題となっています。このような問題は、民事における法律、民法によって解決していくことになります。

基本的には、夫婦としての関係を築いていくにあたって重大な障害があった場合には離婚が認められることになるのですが、その重大さによって慰謝料が発生します。基本的には、どちらかが浮気をしていた場合には、当然離婚するに足る要素となり、その被害者は慰謝料を請求することができます。しかし、単に浮気したからと言って、一律に慰謝料の金額が決定するのではありません。どのような状況だったのか、ということを整理したうえで判決がなされます。例えば、旦那が何の理由もなく、自分の欲求を満たしたいためだけに浮気をした場合には、悪質性が高いですから、高額の慰謝料請求がなされることは間違いありません。しかし、妻が一方的にセックスレスになるなど、旦那にとって精神的な被害を与えるようなことが発覚した場合には、それは十分に酌量の余地があることとなり、慰謝料は大きく減額されることになります。

Copyright (C)2017法律家になれば法律で困っている人たちを救えます.All rights reserved.